« べんきょうを、ね。(153日目) | トップページ | 変更(155日目) »

2008年11月24日 (月)

線(154日目)

こっちの特別支援学校のこと。

基本、学校に来れない子がまだまだ多いフィリピン。重い障害を持つ子は、より学校に来にくい。
で、結果として、在籍する児童・生徒の障害の程度は日本と比べて軽い。

日本だったら支援を受けながら小学校で授業を受けそうな子が、知的障害学級にいます。
認知障害、LDの子たちもたくさん。

そして授業は基本が教科書への書き込みかノートに字を書く反復練習。

それが、ノート、普通に罫線のあるノートに、2行とか4行使って、
そのときの先生の気分で字の大きさや間隔が変わるので、
大きさや文字の間隔をとらえにくかったり、書くべき場所をとらえられない子が多かった。
時には1文字書くのに1ページ使ってしまう子も。お手本は2cmくらいの大きさなのに!

当たり前よね~。
だって、それが「苦手」だからここにいるんだもんね。
なのに何の支援もない。
いや、「何の」は言いすぎか?ここで行われてきた支援といえば。。。
「ひたすら繰り返すこと?何年もかけて。」
いや、それって拷問か?

そこで、ノートに先生が見本を書いたあと、私はササってその子の所へ行って、スラスラって線を書いて、
ガイドになるような枠を書いてあげていた。
「1つの枠の中に1字ずつ書きましょう」って感じね。

それがさ~~、
なんと、先週から、他の先生たちが真似し始めたのよ!
すんごい簡単な支援方法なんだけど、ここでは簡単だからこそ意味があるのかな、って思っちゃった。
こっちの人にも簡単に真似できるもんね。格子に線ひくだけだからさ。
難しい専門知識とやかく言うよりも、そういう超シンプルな支援方法をちょっとずつ、おしつけじゃなくさりげなく伝染させて行けたらうれしいな~。

と、ちょっと幸せな日記でした~~~。

By the way, I'm invited the birthday party of Japanese emperor by consul in the Philippines.
It's a precious opportunity for me, so, I dicided to go there.
Fortunately, our principal noticed my overwork, so, there is no plobrem to be absent from school.
Of course, I'll enjoy there!!

|

« べんきょうを、ね。(153日目) | トップページ | 変更(155日目) »

養護学校にて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025670/25622643

この記事へのトラックバック一覧です: 線(154日目):

« べんきょうを、ね。(153日目) | トップページ | 変更(155日目) »