« マニラ帰り(442日目) | トップページ | 祝ちゃんがやってきた(446日目) »

2009年9月10日 (木)

ニッポンのセンセイたちよ(444日目)

国際結婚てね、難しいと思うの。

仲良く暮らしている国際結婚の皆様、尊敬です。

そう、フィリピンは、日本人との国際結婚がめちゃくちゃ多い国。

そして、

離婚や死別などで、日本で暮らしていたお母さんと子どもだけフィリピンに帰ってくる、ってケースも少なくない。

ロハスにも、もちろん。

最近日本から越してきたKさんは、お母さんと子ども二人。

で、近くの学校に入学するそうな。

5年生と4年生。

英語、ヒリガイノン、フィリピノ語、すべて喋れないこの子たち、文化も違うし。彼らの今後はすご~~く大変なものになるだろうと思われるわけで。

で、昨日校長から言われた。

「MOMI,日本の学校から来たカードが読めないらしくて、訳してもらえないかしら?」

実は家庭教師も頼まれたのだけど、

家庭教師はキリがないので断ることにしている事情をわかってもらって断った。

訳くらいなら・・・と引き受けたわけです。

で。

S県S市立S小学校の先生よ!!

フィリピンに引っ越す子どもの引き継ぎ書類、

日本の成績表のコピー1部、そりゃないだろうよ、おいおいcoldsweats01annoy

そりゃぁ、英語の文書を送れとは言わないさ。

そんなの無理さ。

でもさ、

せめて、せめてよ??

名前くらいはローマ字で書いて送っても良かったのでは??

教科くらいは英訳してもよかったのでは??(国語=Japaneseとかね。)

たいへんよい=very good よい=good がんばりましょう=fair くらいは訳してもよかったのでは??

と思うのですけどいかが?

完全日本語の成績表を送られてきたところで、どれがその子の名前なのかさえもわかんないんだからさ、こっちじゃ。

もちろん、先生だけじゃなくて、保護者にも同じことが言えるのだけれど。

子どもたちには罪はないわけよ。

フィリピンの先生たちに翻訳家を雇ってまでして読まなければいけない義務もないわけよ。

名前のローマ字さえもない書類を海外に送るなんてのは、日本人の、「形だけ、書類だけ整える」姿勢をものすご~~くよく表しちゃってるんじゃないの?これ。

そのままではまったく意味をなさない2人分のその成績表を半日かけて訳す、それが今日の私の仕事でございましたのです。

日本の先生たちよ、

書類を送ることが大切じゃないんだよね。

私自身も、「伝える」ということがどういうことなのか、もう一度考えなくちゃ。

今回、まったく伝わらない書類を受け取って思ったことでした。

いや~、何度考えても、そのまま送るなんてのは日本の先生の怠惰としか考えられんわ。

日本語まったく喋れない子がアラビア語の成績表持って転校してきた、って想像してみてくださいよ。

ほらね、ムカつくでしょぅ?

もうちょっとだけ、相手の立場にたって考えられなかったのかなぁ・・・?

いや、翻訳疲れたから愚痴なんだけどさ。

みなさん、どう思います、これ??

|

« マニラ帰り(442日目) | トップページ | 祝ちゃんがやってきた(446日目) »

養護学校にて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025670/31318434

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポンのセンセイたちよ(444日目):

« マニラ帰り(442日目) | トップページ | 祝ちゃんがやってきた(446日目) »