二本松訓練所

2008年11月 5日 (水)

協力隊(135日目)

今日の日記、あまりにマニアックなので昨日嬉しかったことを一つ。

雨の日や荷物のある日に使うトライシクル(サイドカー付きのバイク)。

昨日、乗れそうなトライシクル探してたら運転手さんが私の名前を呼んで止まってくれた。「ともみ~!乗ってきな!」って。今朝は他の運転手さんに「もう学校か~?」って現地語で声かけられた。

なんかそういうのいいよね、うれしいよね。
覚えてくれたのもだし、現地語わかると思ってくれてるのもだし(実際はわかんないことの方が多いけど)なんかうれしいよね、いいよね。

さて。

協力隊は、海外に出る前に訓練所で訓練をします。

たった2ヵ月強ですが、そこでの仲間とのつながりは本当に濃いものです。

そんな仲間が、今、協力を求めているということだったので、転記しますね。

もし以下の文章を読んで協力していただけるような方がいらっしゃいましたら、私にでいいのでご連絡ください。よろしくお願いします~~

私は現在、アフリカのザンビア共和国にある、St.フランシス中高等学校に、
青年海外協力隊 音楽隊員(音楽教師)として来ています。
私が派遣された目的は、この学校にあるバンド(1980年代、ザンビア一有名だったという)を復活させること、
音楽の授業を復活させることです。
昔とっても有名だったというバンドが、指導者がいなくなり、そのために楽器の管理なども出来なくなり、
楽器は破損、盗難…。1995年前後からバンドとしての活動はまともに出来ていなかったようです。
しかし、このバンドはこの国の誇りであり、地域の誇りであり、学校の誇りであり…
そんな存在だったからこそ、復活させたい!というのが、人々の願いです。
でも、そのために…。楽器がありません(笑)
現在、トランペット2、トロンボーン6、ホルン3、ユーホ1、アルトサックス1、ソプラノサックス1、
小太鼓3(内使えるのは1つ)、大太鼓2、シンバル2、ベルリラ2で活動していますが、
いずれも破損が激しく、日本なら間違いなくもう使われていないような楽器です(苦笑)
ちなみにこのうち半数は日本からの支援で入ったものなんですが。
そこで、JICAのプログラムを利用して(青年海外協力隊は、JICA事業の1つです)、
楽器の支援を受けようとしています。
しかし…一般公募にかけたところで支援者はなかなか見つからない!ということで、
皆さんのお力をお借りしたいのです。
このプログラムは『世界の笑顔のために』というプログラムで、
JICAが日本ー海外への送料などの負担をしてくれます。
ただ、支援者には物品を提供していただくほかに、
国内の指定された倉庫までの送料を負担していただかなくてはいけないのですが…。
詳しくはこちらをご覧くださいhttp://www.jica.go.jp/partner/smile/index.html 
そんなわけで、このプログラム(現在募集中)を利用して、私は今回以下のものを申請しています。
スネアドラム用スティック 5組
スネアドラム 3台
バスドラム 2台
バスドラム用マレット 5本
シンバル 2組
アルトサックス 2台
テナーサックス 2台
トランペット 5台
ホルン 2台
金管楽器用マウスピース (トロンボーン)2台
金管楽器用マウスピース (ユーホニウム)2台
譜面台 30本
マーチング用メジャーバトン 1個
楽譜(吹奏楽譜、ブラスバンド譜) 5冊

提供していただく際、『ザンビアの高橋宛』としていただくと、
提供物品が確実に私の元へ届く…はずです!
どうか、ご協力いただけないでしょうか。
もし何か提供していただける楽器があれば嬉しいですし、
協力していただけそうな方にこのことを紹介していただくだけでも十分です。

是非是非お力貸してください!

長文失礼しました。




とのことです。
彼女は、いっつも笑顔でにっこにこがんばる音楽の先生なのです!
大学を卒業してすぐに協力隊になったやる気いっぱいの子なのです!
私はこうやって情報を流すことくらいしかできないけど・・・
日本にいるみなさん!
もし何か協力してあげられそうなことあったら、助けてあげていただけないでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

感謝

感謝の気持ちを言い表せません。

NTCで出会ったみんな、

今まで出会ったすべての人々へ。

感謝の気持ちを少しでも送れたら・・・・・

ここまでこれたのは、今の私があるのは、本当に、みんなのおかげです。

本当に本当に、ありがとう。

謝辞

 桜前線が北上するのと共に、四月九日、私たちは様々な思いを胸に全国各地からここ二本松に集いました。初日の臨時バスの中、緊張した面持ちで自己紹介をし合った日が思い出されます。

そして今、六十五日間の訓練を終え、隊員候補生から青年海外協力隊員となってこの二本松青年海外協力隊訓練所を飛び立とうとしています。

 私たちは、ここに来るに至るまでに様々な理由を持っています。電車の中吊り広告との運命の出会い、先輩の勧めや憧れ、偶然訪れた募集説明会で魅せられたものなど、理由はそれぞれですが、選考や技術補完研修を経て、ついにここに入所できた時の充実感、これから始まろうとする訓練に対する期待感は今でも鮮明に思い出すことができます。

 実際に訓練が始まってからの日々は、まさに自分との戦いの日々となりました。押し寄せてくる自らの課題を目の当たりにし、焦燥感に駆られ、自分の目標を見失いそうになることもありました。慌ただしく過ぎていく日々の中で、何のためにここにいるのかを話し合ったこともありました。しかし、修了式を迎えた今、この訓練生活の中で、私たちは各自が確固たる目標を持ち、その目標に向かって充実した日々を送ることができたのだと確信しています。

 協力隊員としての知識や態度を身につけるための様々な講座、地域の方々の温かい心に触れることができた所外活動、任国での活動に思いを馳せたOV DAY、新しいことに各自が挑戦した生活技法講座、毎朝のラジオ体操、各国の国旗掲揚とあいさつの紹介、憧れの気持ちで聞いたスタッフ体験談、各自が得意分野を生かし、知識を共有しあった数々の自主講座、初めての体験に誰もが緊張した特別行事、それぞれが癒しを求めて通った各サークル活動、責任を持って取り組んだ委員会活動、仲間と夢を語りあった時間、そして先日行われた六十五日間の思い出の詰まったアルバム上映会。今こうやって思い返してみると、何ものにも代えられない貴重な体験ばかりをさせていただくことのできた六十五日間だったのだと改めて感じます。

 そして、誰もが悩み、苦しみ、努力し、楽しんだ語学学習。自分の思うことをうまく伝えられず、苛立つこともありました。しかし、私たちの成長を願って考えてくださった、工夫に富んだ授業、私たちが理解できるまで、何回でも丁寧に根気強く教えてくださる先生方の思い、温かい励ましの言葉のおかげで、私たちは本当に楽しく、充実した学習を進め、確実に成長することができました。先生方の、飽きさせず、諦めさせず、方法を変えながら何度も教えてくださるその姿勢からは、任国で私たちも確実に求められる忍耐力や柔軟性をも学ぶことができました。

Let me speak English for a little while. We really appreciate your support, and we will never forget your kindness. Thank you very much.

また、清潔で快適な施設とおいしい食事を提供してくださったMOKの皆様からは、毎日「がんばってね。」と応援の言葉をいただきました。私たちの安全を保障してくださった警備の皆様、守衛室の前での温かい「いってらっしゃい」「おかえり」の声が本当にうれしかったです。毎週末のようにお世話になった岳温泉の皆様や、二本松地球市民の会の皆様、所外活動等でお世話になった二本松市民の皆様、そして、私たちの思いを理解し、いつも温かく見守ってくれている家族や応援してくれている友人、周りにいるすべての方々に対し、心からの感謝の気持ちを述べたいと思います。

 そして、スタッフの皆様は、私たちの訓練生活が充実したものになるよう、すべてにおいて支えてくださいました。時には私たち訓練生の愚痴を聞き、時には私たちを励まし、いつも裏方でコーディネートしてくれていました。いつも私たちのことを心配し、見守ってくださっていたスタッフの皆様に対し、言葉では言い表せないほどの感謝の気持ちがいっぱいです。

 ここで出会った仲間と行動しているうちに、仲間から学ぶこともたくさんありました。それぞれが違った魅力を持ち、私には、誰もが眩しく見えました。そんな仲間とともに励まし合い、語り合い、切磋琢磨して成長してこられたことを、心から誇りに思っています。やむをえず訓練を継続できなくなった仲間のことも忘れません。

 私たちは、まもなく任国での2年間の生活を始めます。理想と現実とのギャップに戸惑いを受けることも、自らの目的を失いそうになることもあるかと思います。でも、そんな時こそ、ここ二本松青年海外協力隊訓練所での生活を、今のこの気持を思い出し、活動を全うしたいとい思います。

 2年後、私たち平成二十年度一次隊全員が健康で、たくさんの経験を積み、今よりも成長した姿で皆様と再会できることを願っております。

 最後に、訓練期間中、私たちを支えてくださった皆様に心から感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 これをもちまして、謝辞といたします。

     

     平成二十年六月十二日

         平成二十年度第一次隊 

            隊員代表 フィリピン

                 澁谷 公美

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

帰宅

静岡に帰ってきましたsign03
パソコンがネットつながらないので携帯から更新しています。
福島に比べて静岡は熱いsweat01sweat01sweat01
今日は学校に行ってきました。
出国準備はまだまだ進みません…

パソコン
カメラ

浴衣
ダイビング機材

あと必要なのは何だろう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

テスト漬け

テスト漬けの日々が続いております。

今日も昨日もテスト。

明日はテストではありませんが、

「語学発表会」と言いまして、これまでの学習の成果を発表する場です。

まぁテストみたいなもんですねcoldsweats01

なんとまだ準備が終わってません。

なのにブログ書いちゃってます・・・coldsweats02

だって実は今日、荷造りしてたんです。

静岡帰るための。

だからまだ準備やってないんです・・・。

静岡帰ってから、10日ほどしかないので、買い物やら表敬訪問やら

いろいろと忙しくなることが目に見えています。

ひゃ~~~~~。

今日わかったこと。

部屋の片づけは、やっぱり苦手だってこと。

でもね、明後日には静岡に帰ります。

ここを離れるのは少しさみしいけど、まだ始まってもいない協力活動を夢に見て・・・・

あと2日、全力投球でがんばりますgood

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

買っちゃった!!

結局、買ってしまいました!

Cimg5405

ポケットティッシュと比べたら大きさわかるでしょ?

超小さいです。

メモリは少ないけど、セカンドとしては最適かも。

色はきれいな水色にしました。

というわけで、今日は郡山まで行ってしまったので、明日のテストに備えて今から勉強です・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

Final Examination

今日は最終テストでした。

hearing, written, oral の3本立てです。

結果は明日、わかります。

学生の頃は、評価されることやテストを受けることが当たり前だったけれど、

いつの間にかそれが当たり前ではなくなって、

仕事をするようになってからは、評価する方になっていました。

ところが、

評価する方になってから初めて評価される側になってドキドキです。

結果がわかるのは明日。

楽しみですheart04heart04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

浪費

フィリピンに旅立つ前に、必要なものは買うつもりです。

でも、デジイチはあきらめました。

なぜならでかいから。

その代わりに、

①コンデジ
②ハウジング
③xacty

を買いました。

使い捨てのコンタクトレンズもたんまり買いました。

NTC(訓練所)に来る前に、パソコンを買いました。

今後の英語学習用にソニーのWARKMANを買い、今日届きました。

静岡に帰ったら、外付けHDとバックパックと変圧器とその他トラベルグッズを買います。

フィリピンでプリンターを買います。
それどころか、家財道具一式を買わなければなりません。

私のパソコンは大きいです。

今日、友達が小さいPCを持っていました。

それは、持ち運び専用で、容量は小さいしソフトとかは入れられないけど
とにかく小さくてネットできるやつでした。

また、欲しいものが増えました。

この際だから買っちゃおうかな。

確実に、お金の使い方が偏ってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

久々の東京

久々に東京に行ってきました。

目的は、東宮御所です。

なかなかできない経験をさせていただくことができました。

いや~~~、皇太子殿下、私にも話しかけてくださいましたよgood

ありがたい限りです。

片道5時間、日帰りの旅。

時間だけ考えたら、日本→フィリピンのairplaneの方が早いじゃんgawk

今帰ってきましたが、相当疲れたので、宿題して早寝かな・・・??

明後日はテストもあるし、

ちゃっちゃとやることやらなくちゃ!!

写真はお昼ごはんを食べた日本青年館です。

Tokyo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

2008年6月1日

今日から6月です。

6月と言えば・・・・??

そう、フィリピンに飛び立つ月です。

先日、成田のホテルの予約を取りました。

本当に本当に、もうすぐなんだなぁ・・・・・。

話はかわりますが、土曜日、「語学交流会」というのがあって、

任国(私の場合はもちろんフィリピンね。)出身の人と話してみましょうっていうのがあったんです。

私のつたない英語でも、なんとか言いたいことはわかってくれたみたいでほっ。としました。

自分でもわかるくらい文法とかめちゃくちゃなんだけど、
それでも「話したい!」気持ちが強すぎたのか?黙ってられませんでした。

私に残された訓練期間はあと11日。

イベントにテストに盛りだくさんの11日間。

わずか11日と考えるか、11日もあると考えるのか。

あと11日でどこまで求めていこう??

悔いの残らないように、精一杯がんばりたいですscissors

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

思いは・・・

今、私の気持ちはめっちゃフィリピンに向かっています。

なぜなら、もうすぐ訓練が終わるからweep

訓練所ではいろいろな人と出会って、
大切な人がまた増えました。

たった2ヵ月なのに、よくこんなに大切に思えるなぁって思うくらい本当に大切な出会いです。

もちろん、ここを離れるのは寂しいけれど、
だけど、フィリピンに行くことがとても楽しみです。

きっと英語はわからないままだし、困ることがたくさんあるんだろうけど、
楽しみの方が今は大きいんですhappy02

フィリピンに行ったら、自分で住む家を決めるんだそうです。

思えば、大学の時は2年生から一人暮らしでした。

それ以外は地元(実家でない時期もあったけど)に住んでました。

ここに来るときでさえ、事前に知り合いになった方がいました。

ロハス(任地)には、誰ひとりとして知り合いがいません。

そんな楽しみなことってないかもwinkheart04

もちろん、不安がまったくない訳ではありませんが、

生まれて初めての経験を前に、わくわくがいっぱいすぎて、

コンデジひとつ(オリンパス1030)、

ハウジングひとつ、

買っちゃいましたscissorshappy02

まだ手元には届かないけど。

ちなみに、デジイチは諦めました。

帰ってきてからにしますshine

んでこの週末中には、ビデオカメラもどれ買うか決めて注文しようと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧